COLUMN

コラム

【SNS広告運用】インスタグラム広告のメリット・デメリットと費用相場は?

SNS広告運用でインスタグラムを活用!メリット・デメリットや費用相場・課金の仕組み

SNS広告運用で「インスタグラム広告を活用したい」「どのようなメリットがあるのか知りたい」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで以下では、インスタグラム広告のメリットやデメリット、費用相場などについて解説いたします。

インスタグラム広告のメリット・デメリットについて

インスタグラム広告のメリット・デメリット

インスタグラム広告のメリット

インスタグラム広告の主なメリットは以下のとおりです。

・海外ユーザーへのアプローチが可能

インスタグラムのユーザー数は約5億人といわれています。海外ユーザーとも簡単に交流ができるため、日本国内以外の人にも商品やサービスをアピールすることができます。ハッシュタグを英語にすると、海外ユーザーにも情報が届けやすくなります。

・細かいターゲティングが可能

インスタグラム広告は細かいターゲティングが可能です。インスタグラムは2012年にFacebookに買収され、Facebookと連携ができるようになりました。インスタグラムのユーザー情報は本名登録制のFacebookがもとになっているため、他のSNSよりもピンポイントで情報を届けることができます。

・視覚的なアプローチができる

インスタグラムは画像や動画投稿がメインのSNSであるため、視覚的なアプローチが可能です。テキストよりもわかりやすく、商品やサービスの良さを発信することができます。インスタグラム広告は一般ユーザーの投稿に並んで表示されるため、おしゃれなデザインやインパクトのあるデザインだと、ユーザーの目にとまりやすくなります。

インスタグラム広告のデメリット

インスタグラム広告には以下のようなデメリットもあります。

・拡散されにくい

インスタグラムにはシェア機能がないため、ユーザーによる二次拡散が期待できません。そのため、フォロワー以外の人へのアプローチが難しく、他のSNSに比べて新規顧客の獲得がしにくいという特徴があります。確実な成約につなげるためには、できるだけ細かくターゲットを設定し、ピンポイントで広告を届ける工夫が必要です。

・企業向け広告はリーチしにくい

インスタグラムはビジネスよりもエンタメ要素が強いSNSであるため、企業向けの広告は一般ユーザーに受け入れてもらえない可能性があります。また、企業側もインスタグラムは情報発信の手段として利用している場合が多いため、効果を感じにくいでしょう。企業向け広告を配信する際は、テキストでもしっかりと情報を伝えられるFacebookやTwitterとの併用がおすすめです。

・スルーされやすい

インスタグラム広告は、一般ユーザーにスルーされやすいというデメリットがあります。興味のない広告はスワイプやスキップ機能でスルーされてしまうため、ユーザーの目を引くような工夫が必要です。

インスタグラム広告の費用相場はいくら?

インスタグラム広告の費用

インスタグラム広告の費用相場

インスタグラム広告の費用相場は、月額2~10万円と幅広い傾向にあります。初めてインスタグラム広告を出稿するなどの場合、月額2~3万円の低予算からスタートするのがおすすめです。しかし、短期間で認知度を高めたい、成約数にこだわりたいといった場合は、月額10万円程度の費用が必要です。金額によって配信できる広告数やリーチ数などが異なるため、よく確認してから出稿するようにしましょう。

課金システムの特徴

インスタグラムの課金システムの特徴について解説します。

・CPM(表示課金)

CPMとは、ユーザーが広告を表示すると料金が発生するシステムです。料金は商品のジャンルによって異なりますが、1,000回表示された場合の平均価格は500~1,000円です。CPMは商品やサービスをより多くのユーザーに認知してもらいたい場合に便利です。

・CPC(クリック課金)

CPCは、広告がクリックされると料金が発生する仕組みです。平均価格は1クリック40~100円で、料金は商品ジャンルによって異なります。CPCはユーザーに購入を促したい場合におすすめです。

・CPV(動画再生課金)

CPVは、動画の再生回数で料金が発生する仕組みです。CPVも商品のジャンルによって課金額が異なります。平均価格は1再生4~7円で、動画が10秒以上再生された場合のみ課金されます。

・CPI(インストール課金)

CPIは、アプリがインストールされた際に料金が発生する課金方法です。課金させるのはアプリがインストールされた場合のみであるため、広告の成果がわかりやすいというメリットがあります。平均価格は1インストール100~150円です。

以上で紹介した方法以外にも、フォロワー数が多いインフルエンサーに広告を依頼する方法もあります。インフルエンサーに広告を依頼することでビジネス感が薄れ、消費者目線で商品・サービス情報を発信することができます。費用はインフルエンサーのフォロワー数や投稿内容によって変わりますが、平均費用は獲得フォロワー一人につき2~6円です。

インスタグラムの広告効果を発揮させるなら株式会社バリュー・パートナーズへ

インスタグラム広告は、海外ユーザーにアプローチできる、細かいターゲティングができるなどのメリットがあります。その一方で拡散されにくく、ビジネス感の強い広告はスルーされるなどのケースもあるため、インスタグラム広告を配信する際は、発信したい商品やサービスに合っているか、よく確認するようにしましょう。インスタグラム広告で成果を出したいとお考えの場合には、株式会社バリュー・パートナーズのSNS広告運用代行サービスをご利用ください。

詳しくはこちら

SNS広告についてのお役立ちコラム

インスタグラムでSNS広告運用をご検討中なら株式会社バリュー・パートナーズ

会社名 株式会社バリュー・パートナーズ
代表取締役 色川 正広
住所 〒104-0045 東京都中央区築地3丁目5−13 北村ビル3F
TEL 03-3544-5880
FAX 03-3544-5881
メール info@valuepartners.co.jp
設立 2011年4月
URL https://www.valuepartners.co.jp/