COLUMN

コラム

【SNS広告】運用代行のメリット・デメリットとFacebook・TikTok広告の特徴

SNS広告運用代行のメリット・デメリットやFacebook・TikTok広告の特徴をご紹介!

SNS広告運用代行への依頼を考えている中で、「本当に成果があるの?」「得られるメリットは何?」と疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。こちらでは、SNS広告運用代行に依頼するメリットやデメリットをご紹介いたします。FacebookとTikTok広告の特徴についても述べているので、広告出稿をお考えの場合はぜひ参考にしてみてください。

SNS広告運用代行のメリット・デメリットについて

SNS広告運用代行について

SNS広告を運用する際は、アクセス解析や画像編集、ターゲットユーザーの分析などの作業を行う必要があります。これらの運用を任せられるのが、SNS広告運用代行です。

メリット

SNS広告運用代行に依頼すると、以下のようなメリットを得られます。

・プロに運用を任せられる

マーケティングやSNSに特化したプロにSNS広告運用を任せられるため、成果が上がりやすくなります。SNS広告を成功させるためには、正しく運用する必要があり、手間と時間をかけたからといって必ず成功するわけではありません。自社の手で運用を行ってなかなか成果が出ない場合は、SNS広告運用代行を使用してみると解決へのヒントを見つけられるでしょう。

・SNS広告運用の手間が省ける

SNS広告運用代行は、SNS広告に関する作業をプロに任せられるので、時間と手間が省けます。SNS広告で成果を出すためには、広告の企画や広告を出すタイミング、クオリティなどを考慮する必要があるため、多大な時間と労力が必要です。なかなか時間を費やせなかったり人員が足りなかったりする場合には、SNS広告運用代行を検討してみるとよいでしょう。

デメリット

SNS広告運用代行には様々なメリットがある一方で、以下のようなデメリットもあります。

・コストがかかる

SNS広告運用代行に依頼する場合の費用は、月額数万~数十万円です。価格は依頼する会社や内容によって異なります。これらの費用が広告の出稿料にプラスされるため、月に最低でも数万円の費用がかかります。費用以上の効果が期待できますが、予算内で利用できるかどうかは、事前に確認するようにしましょう。

・ノウハウを獲得できない

SNS広告運用代行に依頼をすると、SNSに関する業務をすべて任せることができますが、その分、ノウハウを獲得できないというデメリットがあります。社内にデータが蓄積されないため、今後自社で広告運用を行っていきたいと考えている場合、機会損失になる可能性があります。

FacebookやTikTokを用いた広告の特徴とは?

SNS広告の特徴

Facebook広告の特徴

Facebook広告は、タイムラインやストーリーズに表示されます。Facebookを使用すると、30~50代の中年層やビジネス目的として使用している人々に広告を届けることができます。Facebook広告のメリットは以下のとおりです。

  • ターゲティング精度が高い
  • 低コストで配信できる
  • 広告フォーマットが豊富

Facebookユーザーは実名で登録しており、性別や年齢、趣味、関心などが正確に分かることからターゲティングを精度高く指定することができます。届けたいターゲットへダイレクトに広告を表示させることが可能なので、成約につながりやすいでしょう。
また、Facebook広告は最低100円から出稿が可能です。Facebook広告はコストを抑えたい場合や、テストとして出稿したい場合に最適といえます。
Facebook広告を配信する際には、広告フォーマットにも着目してみましょう。画像広告や動画広告、カルーセル広告など様々な種類があるため、アピールしたい商品やサービスに合ったものを選ぶようにしましょう。

Facebook広告にはメリットだけでなく、以下のようなデメリットもあります。

  • リーチが広がりにくい
  • 仕様変更が多い

Facebook広告は、Facebookに登録しているユーザーにのみ表示されるため、他のSNSやGoogle広告に比べてターゲットが限定されるというデメリットがあります。より多くの人にアプローチをしたい場合は、他の媒体と併用するのがおすすめです。
また、Facebook広告は仕様変更が多いため、新しい仕様に合わせた広告を出稿するための柔軟な対応が必要です。広告配信後は定期的に仕様変更がないかをチェックするようにしましょう。

TikTok広告の特徴

Facebookユーザーよりも若い世代にアプローチしたい場合は、TikTok広告の使用がおすすめです。TikTokは10~20代の若者を中心に人気を集めています。TikTok広告のメリットは、以下のとおりです。

  • 若年層にアプローチができる
  • 視覚的なアプローチが可能
  • ユーザーとの距離が近い

TikTokはショートムービー投稿がメインのSNSです。映像や音でアプローチができるため、商品やサービスの良さを伝えやすいというメリットがあります。また、TikTokはビジネスよりもエンタメの要素が強い媒体であるため、ユーザーとの距離が縮めやすいのが特徴的です。
コメントやDMでコミュニケーションを取ることで、新規顧客やリピーターを獲得しやすくなります。ユーザーが遊べる「スタンプ」や「エフェクト」を使用すると拡散されやすくなり、より多くの人々に自社製品やサービスをアピールできるようになるでしょう。

TikTok広告のデメリットは以下のとおりです。

  • コストがかかる
  • 広告不具合に対する対応がない

TikTokの広告出稿料は、月額30~40万円です。Facebookは月額100円~、インスタグラムは月額数万円~であるため、TikTokの広告出稿料は他のSNSと比べて高いことがわかります。
また、広告に誤字や内容不備などの不具合が見つかっても途中で修正ができないため、注意が必要です。途中で広告を取り下げた場合でも、全額費用が請求されるためクロスチェックする体制を設けておきましょう。

SNS広告を運用するなら株式会社バリュー・パートナーズへ

SNS広告で成約や集客につなげるためには、正しい運用の知識が必要です。自社内でSNS広告運用を試みた場合、膨大な時間と労力が必要になるでしょう。そのような場合には、SNS広告運用代行に依頼するのがおすすめです。SNS広告運用代行をお考えであれば、ぜひ株式会社バリュー・パートナーズへお任せください。マーケティングやSNS広告に関するプロが、SNS広告運用のお手伝いをいたします。まずはお気軽にお問い合わせください。

詳しくはこちら

SNS広告についてのお役立ちコラム

SNS広告の運用代行を利用するなら株式会社バリュー・パートナーズ

会社名 株式会社バリュー・パートナーズ
代表取締役 色川 正広
住所 〒104-0045 東京都中央区築地3丁目5−13 北村ビル3F
TEL 03-3544-5880
FAX 03-3544-5881
メール info@valuepartners.co.jp
設立 2011年4月
URL https://www.valuepartners.co.jp/