COLUMN

コラム

【運用代行】SNS広告運用の注意点やTwitter・YouTube広告の特徴

SNS広告を運用する際の注意点とは?Twitter・YouTube広告の特徴も紹介

SNS広告運用担当者の中には、「炎上が心配」「どのフォーマットを選べばよいかわからない」などの不安や疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。こちらでは、SNS広告運用をする際の注意点やTwitter・YouTube広告の特徴についてご紹介いたします。効果的にSNS広告を運用したい場合は、運用代行サービスの利用もご検討ください。

SNS広告を運用する際の注意点とは?

SNS広告運用の注意点

SNS広告には、潜在顧客にアプローチできる、拡散力によって費用以上の効果が期待できるなどのメリットがあります。SNS広告の効果を発揮させるために、以下の点に注意して運用するようにしましょう。

炎上しないかチェックする

SNSは気軽にコメントを書き込めるのが特徴的です。良い噂が広まりやすい利点がある一方で、悪い噂や悪いイメージも広まりやすいという欠点があります。そのため、差別的な表現や不謹慎な表現などが含まれてしまっていた場合、非難を浴びて炎上してしまう可能性があります。炎上は企業のイメージダウンにつながってしまうため、注意が必要です。広告を配信する際には、コンテンツに不適切な表現がないかをくまなくチェックするようにしましょう。

規約違反に気をつける

SNSには広告規約が設けられています。広告規約の内容は細かく、画像内に含めることのできる文字数やNG表現、アスペクト比などが決められています。規約の内容はプラットフォームごとに異なるため、複数のSNSに広告を出稿する際は注意が必要です。規約違反をしてしまうと、広告の効果が下がってしまうだけではなく、広告の配信が停止させられる、アカウントが使えなくなるなどのペナルティを受ける可能性があります。

最適なSNSを選ぶ

広告の効果を最大限に発揮させるためには、自社製品やサービスの宣伝方法に合ったSNSを使用するようにしましょう。SNSごとにユーザーの年齢層や得意分野が異なります。そのため、若年層にアプローチするならTikTok、リピーターを増やしたいなら公式LINE、拡散力を狙うならTwitterなどのように、獲得したい顧客層や目的に合ったSNSを選ぶようにしましょう。

SNS広告におけるTwitterやYouTube広告の特徴について!

SNS広告の種類

こちらでは、TwitterとYouTube広告の特徴についてご紹介いたします。

Twitter広告の特徴

Twitter広告は、画像や動画、テキストを用いた配信ができます。「いいね」や「リツイート」機能があり、拡散力の強さが特徴的です。配信した広告が他のユーザーによって拡散されることを「二次拡散」と呼び、二次拡散は課金対象外です。そのため、ユーザーの共感を得られれば、広告費以上の効果が期待できます。
Twitterの広告フォーマットの種類は以下のとおりです。

・プロモアカウント

プロモアカウントとは、「おすすめユーザー」や検索画面、タイムラインに表示される広告のことです。主にフォロワー数を伸ばす目的で活用されます。

・プロモツイート

プロモツイートは、タイムラインや検索画面、プロフィールに表示できる広告です。ユーザーの目に入りやすいというメリットがあり、ユーザーによる「いいね」やリツイート、コメントなどのアクションが期待できます。

・プロモトレンド

プロモトレンドは、タイムラインやプロフィール、検索画面の「おすすめ」と「トレンド」上部のタブに表示される広告です。広告枠は1日1社限定で、認知向上が期待できます。

・プロモトレンドスポットライト

プロモトレンドスポットライトは、6秒間の動画やGIF、静止画をフルサイズ幅で表示できる広告です。商品やサービスの良さを視覚的にアプローチできます。

・ファーストビュー

ファーストビューは、各ユーザーがその日に初めてTwitterを開いたときに表示される広告です。できるだけ早く購買やサービスの利用などの成約につなげたい際に効果的です。

YouTube広告の特徴

YouTube広告は、動画で視覚的に製品やサービスの良さをアピールできるのが特徴です。YouTubeはGoogleと連携しているため、YouTube以外の場所にも広告を掲載することができます。YouTubeの広告フォーマットには以下のようなものがあります。

・TrueViewインストリーム広告

TrueViewインストリーム広告は、動画の再生前や再生中、再生後に表示される広告です。スキップ可能と不可能の2種類のタイプがあります。TrueViewインストリーム広告を使用する際は、動画を長く見せる工夫や不快感を与えない動画作りが必要です。

・TrueViewディスカバリー広告

TrueViewディスカバリー広告は、「広告」と書かれた黄色いマークが特徴的で、検索結果や関連動画などに表示されます。動画のサムネイルをクリックされてから広告が流れるため、広告を視聴したユーザーは製品やサービスに関心を持っていることがわかります。

・TrueViewアクション広告

TrueViewアクション広告は、TrueViewインストリーム広告と同様、動画の再生前後や途中に再生される広告です。TrueViewインストリーム広告と異なる点は、「詳しくはこちら」や「ダウンロードはこちら」のようなボタンが設置されていることです。ユーザーの行動を促したい場合に効果的です。

・バンパー広告

バンパー広告とは、動画の前後や途中に再生される6秒間の広告です。スキップが不可能なため、ユーザーに最後まで動画を見てもらうことができます。短い秒数でインパクトを残す工夫が必要です。

・アウトストリーム広告

アウトストリーム広告とは、YouTubeを利用していないユーザーにもアプローチができる広告です。Google広告と連携しているサイトやアプリなどに配信されます。

・マストヘッド広告

マストヘッド広告とは、ホーム画面に表示される広告です。マストヘッド広告はユーザーの視界に入りやすく、認知度を高めたい際に効果的です。

・オーバーレイ広告

オーバーレイ広告とは、動画に重なって表示される広告です。動画ではなく、画像やテキストで配信されます。Webページやサービスページのリンクを貼れるため、認知度向上や行動を促したい場合に便利です。

・ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、動画の右側やおすすめの動画一覧の上部に表示されるバナー広告です。リンクを貼れるため、WebサイトやLPへの誘導ができます。

TwitterやYouTube広告の運用代行は株式会社バリュー・パートナーズへ!

TwitterやYouTube広告には様々なフォーマットがあります。広告効果を発揮させるためには、目的や獲得したいターゲットによって使い分ける必要があります。どのフォーマットを選べばいいのかとお困りの場合は、株式会社バリュー・パートナーズまでご相談ください。SNS広告の運用代行に対応しており、貴社の製品やサービスに合わせて最適な方法をご提案させていただきます。

詳しくはこちら

SNS広告についてのお役立ちコラム

SNS広告運用代行のご依頼なら株式会社バリュー・パートナーズ

会社名 株式会社バリュー・パートナーズ
代表取締役 色川 正広
住所 〒104-0045 東京都中央区築地3丁目5−13 北村ビル3F
TEL 03-3544-5880
FAX 03-3544-5881
メール info@valuepartners.co.jp
設立 2011年4月
URL https://www.valuepartners.co.jp/